バスキュラー手術/合併症対策

バスキュラー手術

バスキュラー手術

血液透析を行うには、患者様と透析機器とで大量の血液をやり取りする経路が必要です。患者様の体に造設するこの経路をバスキュラーアクセスと言います。バスキュラーアクセスは別名シャントとも呼ばれ、一般的には動脈と静脈を直接つなぎ合わせて作成されます。

  

血液透析患者様にとって、バスキュラーアクセスは命綱と言えるものであり、QOL(生活の質)向上のためにも、「どれだけ長持ちさせられるか」がとても重要な問題です。そのため、透析患者様が健やかな透析生活を送っていただけるよう、当院ではスタッフ一同バスキュラーアクセストラブルの早期発見・治療を心がけています。早期発見のための取り組みの一つが、チェックリストなどを活用した日々の管理です。シャント造影やシャントエコーを定期的に行うことで、シャントトラブルの早期発見に努めております。

  

もしもシャントに問題が発生して治療が必要になった場合は、カテーテル治療(シャントPTAや血栓除去など)や外科的手術など、症状に応じた処置を行います。

1.シャントPTA
先端に風船(バルーン)のついたカテーテルを膨らませることで、シャント内の狭くなった部分(狭窄部)を拡張する方法です。何度も行うことができる、シャントを長持ちさせるために有効な治療方法です。(PTA:経皮的血管形成術)
2.血栓除去
シャントは血栓で詰まってしまうことがあります。しかし、現在では多くの治療用カテーテルが開発されているため、手術せずにカテーテルから直接血栓を吸い出したり溶かしたりすることで治療が可能です。
3.シャント手術
カテーテル治療では治療不可能なシャントやシャント感染など、緊急の治療が必要な場合は手術を受けていただけます。

合併症対策

合併症対策

透析を受けている方は、一般の方と比べて全身の動脈硬化や免疫力の低下といった状態になるリスクが高い傾向にあります。

  

当院では、定期的に検査することで早期発見・早期治療に努め、フットケアや人工炭酸泉浴などの細やかなケアを行っております。

フットケア

フットケア

足の観察や爪切り、スキンケアの方法などを指導することで、足の血流を良くし閉塞性動脈硬化症を予防します。

人工炭酸泉浴

人工炭酸泉浴

血液循環の改善に効果的な炭酸泉治療は、足浴により下肢潰瘍、壊疽の治療、予防、末梢動脈疾患の患者様における下肢切断率の低下や予後改善などが期待できます。

栄養相談

栄養相談

透析と上手に付き合っていけるよう、持続可能で過度にならない程度の適切な食事・栄養のサポートをしています。

定期的な検査

定期的な検査

年間スケジュールを立て、検査を受けていただきます。検査結果に問題がある場合は、専門医をご紹介することで、早期発見・早期治療に努めています。

PAGE TOP