看護部

理念

理念

理念

  • 「心ある看護」その人らしさを尊重し、患者様の心に寄り添うあたたかい看護を目指します。
  • 「信頼し合える看護」豊かな人間性、確かな技術と専門的知識で、質の高い看護を目指します。

看護部基本方針

  1. 命の尊厳と人権を守り、個を尊重する。
  2. 専門職として誇りを持ち、心身の健康の保持増進と自己啓発に努める。
  3. 看護の対象をあらゆる健康レベルにある自立した個人としてとらえ、その人の立場に立ち、患者様中心の看護を提供する。
  4. 安全で効果的なケアを目指し、患者様・ご家族様とともに行う看護を基本に、他職種とチーム医療を推進し、患者サービスの向上に努める。
  5. キャリア開発のための継続教育を行い、専門職業人として、人間としての成長を支援する。
  6. 変化していく社会動向、医療・福祉の状況に関心を持ち、病院運営・経営方針を理解して参画する。

看護部長挨拶

看護部長挨拶

看護部は、外来・透析センター・病棟で看護サービスを提供しています。外来では、腎不全保存期・腹膜透析・糖尿病の患者様の療養支援やフットケア、もの忘れ相談などの看護外来を、透析センターでは治療の導入期から維持期までのケアと支援を行います。病棟では、急性期から回復期までの患者様のケアと支援を提供。入退院調整看護師が常駐し、医療連携室とともに入院の受け入れや退院調整・支援などをさせていただいています。

看護部の特徴は、慢性疾患の看護における「継続看護」。つまり、患者様と向き合い、寄り添い、外来でも、透析センターでも、病棟でも、「その人らしい療養生活」の支援を目的に、部署間の垣根を越えた(一元化)看護サービスを提供していることです。例えば、病棟看護師が透析センターで透析センター看護師とともに入院患者様に看護ケアを提供したり、腹膜透析外来や療養指導外来で病棟と透析センターの看護師がチームを組んで看護ケアを行ったりしています。

この一元化看護サービスは、スタッフ間のコミュニケーションを増やし、チーム力の強化に貢献。ひいては質の高い看護ケアの提供へと繋がっています。看護部は若手からベテランまで幅広い年齢層で構成され、お互いに専門性を高めながら新たな看護ケアへの挑戦を繰り返し実践しています。そして、「心ある看護」「信頼し合える看護」を目指し、日々努力を重ねているのです。

部署別紹介

外来透析入院

外来

【特色】
当院には、内科、腎臓内科、糖尿病内科、外科、消化器外科、血管外科、整形外科、眼科、慢性腎不全の療法選択外来などがあります。当院での対応が困難な病気の場合は、大学病院への紹介・転送をさせていただくこともあります。
【取り組み】
それぞれ専門領域の認定資格を持つ看護師がチーム医療を展開。医療スタッフ一人ひとりが患者様の声を大切にしながら、常に患者様の立場に立ち、安全で行き届いた質の高い看護が提供できるよう、一丸となってチーム医療に取り組んでいます。お互いに学びあえるような環境づくりはもちろん、勉強会や研修にも積極的に参加し、日々スキルアップを目指しています。

透析

【特色】
透析センターでは、臨床工学技士・看護師・看護助手・クラークが一つのチームとなり、患者様が質の高い生活を送れるよう日々のサポートをさせていただいています。
【取り組み】
透析前に炭酸泉室で炭酸泉浴が行えます。炭酸泉浴は、下肢の血流改善、冷え性の改善、リラックス効果などが期待されている取り組みです。透析中は、フットケアチームが足の観察し、異常の早期発見・早期治療に努め、さらに運動療法で、サルコペニアやフレイルの予防・改善にも取り組んでいます。透析センターの看護には、受け持ち制を導入。担当看護師は、ご家族様やケアマネージャーと連携を図り、患者様がより良い透析生活を送れるよう日常生活の支援を行っています。

入院

【特色】
主な診療科は、腎臓内科、人工透析内科、一般内科です。一般外科、血管外科などで入院が必要な患者様にも対応しています。疾患の治療はもちろん、生活習慣改善のための生活指導を積極的に行っています。
【取り組み】
「その人らしさを大切にし、心に寄り添った丁寧な看護」を目指し、固定チーム受け持ち看護制を採用。入院から退院までを、同じ看護師と看護チームが担当し、患者様それぞれの看護計画に基づいた看護を提供させていただきます。患者様の治癒力や自立力を高めることを大切にし、一緒に考えていきます。
PAGE TOP